COMMITMENT


AppStoreにて無料公開中! ”システム手帳”で検索! - AppStoreへ iPad版 - iPhone版

2020年代へのコミットメント

大規模なデータセンタもシステム管理者すら必要のないシステムが、2017年に入り、ブロックチェーンによって次々と実現しています。

ブロックチェーンは、技術的な観点では、「ハッシュ・電子署名・暗号化アルゴリズム」を活用したリストデータ構造のデータのかたまりです。
すでにあるブロックチェーンデータの真正性(確かさ)を確保するだけなら、先に挙げたような3つの暗号関連技術だけで十分なのです。

しかし、管理者を置かないシステムにおいて、ブロックチェーンデータを誰が生成し、かつ悪意のある第三者から保護するかという「管理者のいない通貨システムにおける二重払い問題」を解決するには、中本智が「Proof-of-Work」と名づけた ”数学的に解決できない問題を解くことで落札者(ブロックチェーンを管理する人)をその都度ごと(1日に144人)に毎回決定するしくみ” が決定的な役割を担っています。

ブロックチェーンは、欧州ではすでにシェアリングエコノミーや住民票システムとして実運用されています。

2020年代は、これまでの「クラウド」から「ブロックチェーン」にメインストリームが大きく変わる時期です。
中本智さんという日本人が考案したブロックチェーンは、資本や知名度のある大企業でしか構築できなかった銀行システムのような信頼性の求められるミッションクリティカルなシステムを小規模な組織であっても構築できるという特徴をもっています。

ブロックチェーンP2Pネットワークをプラットフォームとしたシステムやアプリを、私たちはここ日本で開発および活用推進していきます。

”あなたが奇跡を見たいと思うなら、自分の手をごらんなさい。
瞬間瞬間に私たちが見ているものこそが奇跡そのものなのだから。”

2018年2月14日 ウェブバナナユナイト東京横浜 代表/プログラマ 水口洋一

 

2023年へのコミットメント

わたしが、ウェブバナナユナイト東京横浜を設立して、実に12年が経とうとしています。

2000年代には、まだiPhoneもandroidOSもありませんでした。
わたしたちは、システム手帳にボールペンで書きとめた予定をチェックし、WindowsXPを使って印刷した地図をカバンに入れ、iPodで音楽を聴きながら目的地までの道のりを過ごし、ノートパソコンやパンフレットでお客さまにご説明さしあげていました。

iPhoneが登場し2010年代になると、予定を書きとめるのも、地図を見るのも、音楽を聴くのも、お客さまにご説明さしあげるのもiPhoneとiPadだけで行うようになりました。

わたしは、システム手帳というアプリを多くのみなさまにお使いいただけることで、この10年の進歩の一石になれたことをたいへん嬉しく思っております。

この先10年は、Windowsがそうであったように、iPhoneやandroid、iPadがコンピュータの世界を担い続けるでしょう。

わたしたちウェブバナナユナイト東京横浜は、その世界へ少しでも貢献できるように努力しつづけます。

2013年9月 合資会社ウェブバナナユナイト東京横浜 代表/統括プログラマ 水口洋一

代表社員

ウェブバナナユナイト東京横浜設立12年の節目を記念して書き下ろしました拙著です。
わたしがコンピュータの世界で生きてこれたことに感謝するとともに、30万ダウンロードを記録したiPadアプリ「システム手帳」をなぜ開発することができたのか?その理由をみなさんと一緒に解いていく内容となっています。
お手にとっていただければ嬉しい限りです。


AppStoreにて無料公開中! ”システム手帳”で検索! - AppStoreへ iPad版 - iPhone版